パソコンの修理費用を考える

パソコンの修理について

パソコンの調子が悪くなって、修理の相談をよく頼まれる。パソコンの不具合は大きく分けてハード面とソフトの面の二種類に分けられる。ハード面での故障で多いのはハードディスクであろう。ハードディスクは消耗品とも言われるように寿命があり、衝撃や熱にも弱い面があるので、故障も多い部品だと言える。またCDドライブやDVDドライブの故障もある。他のハード部品で壊れた経験をしたことは私はない。あると言えば、マザーボードのボタン電池が切れて、調子が悪くなること。これらの部品が悪くなっても、ノートパソコンでは費用が高くつく場合があるが、デスクトップのものでは、交換がきくものばかりなので、新しい部品を買えばまた使えるようになるのだが、それが分からない人も結構多い。

ソフト面では、OSの不具合から調子が悪くなることがほとんどであろう。OSを再インストールしなくても大丈夫な場合もあるが、私はいっそのことOSを入れ直した方がすっきるする感がある。しかしいろいろな設定をしなおさなくてはならないのが面倒くさい。しかしどちらにしても、ちょっとした知識があれば自分でパソコンを修理できることがほとんどであるのに、お金を出して修理を頼む人が多いと思う。機械が苦手な女性などは仕方ないとも思うが、少しパソコンに詳しい友人知人を身近に探しておくことも大事だと思う。

これからの時代はほとんどがパソコンを使えないと仕事にならないような時代だと思う。しかしながら、性能や機能がますます良くなって、複雑な設定やハードの種類も増えてくると思うので、だんだん修理も自分でするのは難しくなってくるかもしれませんね。

Copyright (C)2017パソコンの修理費用を考える.All rights reserved.