パソコンの修理費用を考える

パソコンの修理は自分でやれば安上がりです

メーカー物のパソコンを買って、調子が悪くなると、直すのに時間が掛かります。修理に出すと約2週間程度掛かります。この間、まったくPCが出来ないことになるのです。以前、メーカー物を買ってハードがクラッシュしてしまい、修理に2週間程度掛かり、その間、まったく使えず、困ったことがありました。その経験から、簡単な修理に関しては、自分でやれるようになろうと思ったのです。どうするかというと、自作PCの本を買ってきて、暇な時に読みPCの仕組みを知るわけです。頻繁にその本を読んでいると、自分で作れるのではないかと思えるようになりました。そして、とうとう自作でPCを作ることにしたのです。近所に販売店があったので、そこでパーツを買い組み立てることにしたのです。

本を見ながら、また、店員の話を聞きながら、パーツをそろえました。相性があって、間違いなく組み立てても、うまく動かなくなることがあるので、そのことを店員によく訊ね、店員にパーツを選んでもらいました。後は組み立てるだけです。これに関しては本を見ながら本のとおりにやればいいのです。そして組み立てることに成功して、OSのインストールもうまく行きました。この経験で、壊れても、パーツを買い換えれば自分で直せる自信がもてました。以来、修理は自分でやれるところまで自分でやろうと思うようになりました。そしたら、すぐに直すことが出来るので、長いことを待つ必要がなくなります。それに費用も安上がりです。自作はいい経験になります。

注目情報

Copyright (C)2017パソコンの修理費用を考える.All rights reserved.